商標権チェックサービス

ブランド商標登録CHECK

会員マイページ

用語解説

商標法の用語
商標登録
審査をパスした商標出願に対し特許庁が行う行政処分です。これによって商標権の効力が発生します。
先願主義
商標の使用の先後とは関係なく、先に出願した者が登録を受けられる制度です。
悪意の商標
自分で使用しない商標を妨害、フリーライド、ライセンスビジネスなどの意図をもって出願すること。
(FAQに詳細を掲載しております、ご参照ください。
先願先登録主義
先に出願又は登録された商標と同じ商標が後から出願された場合に、先に出願又は登録されたほうを優先して登録する制度です。指定商品も関係します。
使用主義
商標登録していなくても、商標を使用していれば権利が発生する制度
指定商品・指定役務
出願する際に、商標を使用する商品・役務として指定するものです。
(FAQに詳細を掲載しております、ご参照ください。
指定商品(役務)の区分
特許庁が決めた、商品やサービスの分類名「●類」です。世の中の商品、サービスを1類~45類のどれかに分類したものです。
(FAQに詳細を掲載しております、ご参照ください。
商標権
商品又はサービスについて使用する商標に対して与えられる独占排他権で、その効力は同一の商標・指定商品等だけでなく、類似する範囲にも及びます。(参考 https://www.jpaa.or.jp/intellectual-property/trademark/
属地主義
商標権の効力は、商標権を取得した国の領域内に限られ、外国まで及ばないとする考え方です。日本で取得した商標権は、日本国内のみで有効であり、外国で商標権を取得したいのであれば、その国の特許庁に出願しなければなりません。(参考 https://www.jpo.go.jp/news/shinchaku/event/seminer/text/document/h30_syosinsya/1_2_5.pdf
防護標章
著名な登録商標について予め商品(役務)の出所の混同を生ずる範囲を明確にしておいて、他人が商標登録を受ける危険を防止し、もし使用した場合には商標権侵害とみなして迅速な救済を図ろうとするものです。(参考 https://www.jpo.go.jp/system/trademark/gaiyo/seidogaiyo/dansho.html
周知商標
最終消費者まで広く認識されている商標だけでなく、取引者の間に広く認識されているものも含まれます。また、全国的に認識されている商標だけでなく、ある一地方で広く認識されている商標をも含みます。(参考 https://www.jpo.go.jp/system/trademark/shutugan/tetuzuki/mitoroku.html
不使用取消審判
登録商標が一定期間使用されていないことを理由に、その商標登録を取り消す審判です。(参考 https://www.kjpaa.jp/qa/46507.html
無効審判
利害関係人の請求により、無効理由を有する商標登録を無効にして消滅させる審判です。(参考 https://www.kjpaa.jp/qa/46509.html
関連する法律
不正競争防止法
営業秘密侵害や周知なマークの不正使用などの「不正競争」を規制すること等を目的とする法律です。(参考 https://www.meti.go.jp/policy/economy/chizai/chiteki/
著作権法
著作物などに関する著作者等の権利を保護するための法律です。